猫田大学



猫たちの耳ピアス

e0105839_225780.jpg
           ただいま~。 ボク元気だよ~。(経過は良好だそうです。)

この耳ピアスは、手術で麻酔を使う際に、獣医さんにつけて頂きました。
今回、なぜ外猫さんたちに耳ピアスを付けたかと言えば、

 ・ 不妊・去勢手術済みである印として

 ・ 他の目印の方法(耳のV字カットなど)は、難しかったり抵抗があった為

 ・ 欲を言えば 今後、周囲の住民の方、広くはメディアを通じて
   「外猫の避妊去勢手術(繁殖の防止)」を認知してもらいたい為

 ・ 今後地域猫について活動をして行く時の参考にする為


これらの理由がありました。

耳ピアスについては、「地域猫」関連のサイトから情報を得ましたが、
今回手術した猫たちは、「地域猫」ではありません。
「地域猫」の定義を、発案者である黒沢 泰さんの本から抜粋すると…

地域猫とは
ノラ猫を不妊去勢手術の徹底、餌の管理、フンの清掃、周辺美化など 地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、ノラ猫の数を今以上に増やさないで一代限りの正を全うさせることで、周辺住民の認知が得られた猫のこと
とあります。

残念ながら、地域猫計画はとてもレベルが高く、難しく、一筋縄ではいかないのでは、と 私自身、まだ見通しが立たないでいます。
今回は まず手術を優先した形となりました。


「地域猫」のすすめ―ノラ猫と上手につきあう方法
黒沢 泰 / / 文芸社


(こちらの本は、外猫の住む地域の人々、地域猫を推進する人々がどうしたら分かり合えるか、コミュニケーションについて多く書かれた本です。
黒沢さんが地域猫の発案者なので、先駆者としての苦労話がとても参考になります。)

↓タグで見えにくいですが、日記の続きがあります…




耳ピアスを知ったのは、リンクさせて頂いている「Hello Nyanko!」のサイト内にある小冊子↓でした。

e0105839_22253421.jpg
      「のらねこ学入門」 編集年月日2003年9月(最終改訂2004年8月)

そして、今回手術した猫たちのピアス付けは、、NPOねこだすけからファクトシート内の
「地域ねこの目印/みみピアス」を参考にしました。
(ファクトシートとは、データ表とか、参考資料という意味のようです。)
こちらには、耳ピアスの目的として、

 ・ 大勢いる外猫たちの中で、どの猫が手術済みかわかるように目印として

 ・ 付近に住む住民に、地域猫化プログラムが進んでいる事をアピールする為の
   デモンストレーション効果

 ・ 地域猫プログラムが地域に根付けば(住民との合意形成ができれば)、
   ピアスの役目は終了(=取れてもOK)

と、書いてありました。


「地域猫」のプログラムの中で、手術を済ませた猫に付けた「耳ピアス」は、計画がうまく進んでいるのなら生涯耳に付いていなくてもよい、という事だと受け取りましたが、実際はどの位の期間、耳に付いているのでしょう。。

耳ピアスがどの位持つか観察して、将来の参考にしたいと思います。

e0105839_23484049.jpg
              ちょっと長かったし、難しかったにゃぁぁ~ん…
[PR]
by 828matpakke | 2007-11-05 22:31 | 実習
<< デニムの似合うオトコだぜ うちの猫たち >>


動物愛護推進員として、細々と釧路で活動中      
↓メールの宛先です
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧